中古車とはどう違う?カーリースの利点や欠点を解説

カーリースはどんなサービス?

できるだけコストを抑えて車に乗りたいのなら中古車の購入が考えられますが、カーリースを利用するのも良い方法です。カーリースはサブスクリプションサービスの一つで、月額料金を支払うことで車が利用できるようになります。カーリースは利用を始める前に、契約満了後に残る車の価値を残存価格として設定します。利用する車の価値と残存価格の差分を利用月数で割ることで月々の支払額のベースが決定されるのです。これに加えて自動車税などの税金や維持費が加算されます。

カーリースのメリットとは

カーリースのメリットは、毎月定額の料金を支払うだけで利用できることです。支払額が変わらないので家計の管理が楽になります。メンテナンス費用も含まれているプランなら、部品の交換や修理による臨時出費に備える必要もありません。中古車の購入は新車よりも安いとは言え、大きな初期費用が必要です。カーリースは定額制なので頭金が不要となり、十分な貯金がないという方でも利用しやすいです。

カーリースのデメリットとは

カーリースの利用額は残存価格との差から算出されますが、残存価格が安い目に算出される傾向があることに注意してください。リース会社はユーザーが乱暴な運転をするリスクも視野に入れて残存価格を計算しています。そのため、購入した車を下取りに出した方が結果的に安く済むケースも多いです。また、リースされた車を傷つけないように気をつけて扱わなければならない欠点もあります。もし、契約満了後の状態が残存価格を下回るのなら違約金を支払うことになります。車の改造ができないのも人によってはデメリットに感じるかもしれません。

個人や企業、販売店などに所有されてその後売りに出されるものを中古車といいます。また販売店において、所有登録だけで未使用のものも含みます。