普通のステレオとは違う?5.1chスピーカーってなに?

5つのスピーカーで臨場感あふれる音を鳴らせる

オーディオ機器の中に「5.1chスピーカー」と呼ばれるものがあります。これはどのようなスピーカーなのでしょうか。たとえば、映画館で映画を鑑賞すると、音が後ろから聞こえてきたり、あるいは音が回って聞こえることがあります。なぜこういったことが可能なのかというと、スピーカーが前だけではなく、後ろにもあるからです。後方にあるスピーカーによって、現実に近い臨場感を音で伝えることができるのですが、これを家庭で再現するスピーカーが5.1chスピーカーなのです。スピーカーは全部で5つあり、これをテレビなどの横、そして視聴する場所の後方に配置することにより、映画館と同じような音で映画を見ることが可能になります。

5.1ch対応の音源を鳴らさないと意味がない

ただ、注意しなければならないのは、5.1chスピーカーを使えば、必ず映画館と同じ体験ができるわけではないという点です。必ず、5.1chに対応している音源が必要になります。たとえば、DVDを購入してきて裏面に5.1ch対応と書いてあれば大丈夫ですが、音声が2ch、つまりステレオにしか対応していない場合、5.1chスピーカーであっても単なるステレオスピーカーと同じになってしまうのです。また、5.1ch対応のDVDであっても、別にステレオの音声が含まれていることがあり、その場合はプレイヤーを操作して5.1chで再生しなければなりません。5.1chの音声は四畳半の部屋でも楽しめますが、できるだけ広い部屋にスピーカーを置いて方がより臨場感が出ます。

持っているオーディオをできるだけ高く買いとってもらうなら、オーディオの買取をメインとした専門店がおすすめです。