営業区域と発着地との関係を知っておく

団体旅行を行うとき、大きな自動車を利用する方法もありますが、貸し切りバスの利用もあります。大きな自動車のレンタルでは運転手は自前で用意しないといけませんが、貸し切りバスなら運転手付きです。いつもは運転手役の人も、移動が楽になります。利用をするときには業者の選択がありますが、その時には注意が必要です。それは、営業区域と発着地の関係がある点でしょう。道路運送法と呼ばれる法律があり、発着地が営業区域外にある運送は業者は行えません。東京から東北などに行きたいとき、東京を営業区域にしていない業者の選択ができません。途中に埼玉などを通るなら埼玉の安い業者などを選択したくなりますがそれは不可能です。どうしても利用したければその業者の営業区域を出発地にすればいいでしょう。

宿泊があるときは運転手用の準備が必要

旅行の時、飛行機、新幹線、自家用車などの利用があります。人数が少なければツアーなどを利用するときもあるでしょう。人数が多くなったとき、自家用車ではなく貸し切りバスを利用すると安くなる可能性があります。料金を比較して検討してみると良いかもしれません。日帰りであれば大きな問題はありませんが、宿泊が必要な時は運転手の宿泊費用が必要になります。旅行代金を浮かすためにバスの中で寝ると考える人もいるでしょうが、運転手もバスの中で寝るわけではありません。別途宿泊費用を負担してもらう必要が出てきます。その他食事も通常は参加者とは別に用意しなければいけません。その費用は実費などで必要になってくるので、当日に支払うときもあります。

貸切バスとは、通常のバスと違って一定の人数だけで借りて利用するバスのことで料金も若干高めになることが多いです。