絶対に失敗しない中古車の選び方を見ていこう

年式と走行距離のバランスで判断する

中古車選びのポイントの一つは、認識と走行距離のバランスで判断することです。年式を見ることで、いつ製造されたかがわかります。一方で、走行距離を見れば、どれだけその自動車が使われたか理解できるでしょう。中古車選びにおいては、走行距離を中心に見る人が多いです。走行距離が短ければ、状態の悪くない自動車と判断できるからでしょう。ですが、実は走行距離だけ見てもその自動車の良さはわかりません。年式や古いにもかかわらず、走行距離が短い自動車はそれだけ長い期間使われていなかったことを意味しています。もしかしたら前のオーナーが大切に扱っていた可能性がありますが、逆に自動車を車庫に長い間放置していた可能性も考えられなくはありません。後者の場合は、メンテナンスが十分にされていない可能性が高く欠陥があるとも言えます。

妥当な中古車を購入したいならば、目安として1年で1万キロ走行した個体がよいでしょう。このように、単に走行距離だけで判断するのではなく、年式とのバランスを考える必要があります。

色で値段が変わることも多い

同じ種類・グレードの中古車で、程度が同じようなものでも色によって値段が違うことがあります。人気の色はほかの色よりも3万円から5万円ぐらい高く設定されていることも少なくありません。そこで、少しでも安く購入したい場合にはあえて人気の色を避けることも必要です。基本的に、ホワイトやブラックそしてシルバーなどは人気色になります。車種によっては、ガンメタリックが人気のこともあります。

ボルボを仙台で購入するなら、輸入車に詳しい、専門知識を持った担当者がいる、信頼できるディーラーを選びます。